電子レンジについて

電子レンジの仕組みと使用方法


電子レンジは、冷凍した食品を解凍したり温めたりするための電気製品です。ナベなどで食材を温めるときは、水を熱してその熱で食材をあたためるなど、外から内へむかって熱を伝えていきますが、電子レンジは食品内部の水の分子を振動させることにより発生する摩擦熱によって食品を温めます。 水の分子はプラスとマイナスの電荷をもっており、これにマイクロ波を照射すると、これらの分子が回転し始めます。この回転によりそれぞれの分子が衝突することで摩擦熱が発生し、食品が温められていきます。このマイクロ波はガラスやラップなどを透過する性質をもっているため、ラップなどで食品が包まれていても、食品内部だけを温めることができます。このような温め方のことをレンジ加熱といいます。

最近の電子レンジは、上記で説明したようなレンジ加熱のほか、オーブン加熱やグリル加熱といった加熱方法も用意されています。オーブン加熱は、パンや肉、ハンバーグなどを焼くような効果がある加熱方法です。この加熱方法はレンジ内の温度を上昇させて、このレンジ内の熱を食材に伝えることによって加熱させる方法dす。またグリル加熱は魚を焼くような効果がある加熱方法です。この方法では食材に放射熱を照射して熱するため、 グリル網で焼いたような焦げ目を作ることもできます。

電子レンジのイラスト

 

電子レンジ / オーブントースター / ホームベーカリー / グリル鍋 / 料理の基本

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.